ドイツのCMに日本人が登場!


ドイツで流れているTVコマーシャルに日本人が出演していますよ〜!
ミュンヘンのビールビールのCMです。

最初見た時はビックリしましたよ。
だって、普通の観光客風の日本人夫婦(50代くらい?)が日本語でいきなり会話をし始めているんですから!

とにかく、↑のYouTubeを一度見てみてくださいなるんるん
ちゃんと日本語の字幕もついてます。
字幕がなぜか関西弁なんですが、これはミュンヘン人が話してるからだと思います・・・。

ドイツ語にも一応標準語ってあるんですが、ミュンヘンがあるドイツ南部(バイエルン)の訛りってドイツ国内でも一位や二位を争うほどすごいんですよ。
同じドイツ人でも聞きとれないので、意思疎通が難しいんです・・・ふらふら

そういえば、TVでバイエルン方言を話す人が出ると下にしっかり字幕がつきます。(笑)
それほどドイツ人でも聞きとれないみたいですねー。

ちなみに、ドイツ内で一番きれいなドイツ語を話す地域は、北部にある「ハノーファー」っていう都市らしいですよ。

[ 2008年09月14日 ]

トップ > ドイツの気になるTV&CM > ドイツのCMに日本人が登場!

この記事へのコメント
Lalaさん こんにちは
ドイツで見た日本語といえば、ベルリンの地下鉄のドアに貼ってあった注意書きを思い出します。なんと「スリに注意」って書いてありました(^^;。
ところで、ドイツ語の方言って結構多いようですね。ジョン・F・ケネディ広場(とチェック・ポイント・チャーリー博物館)に行った時、記念にIck bin een Berlina と書かれたワッペンを買ってきましたが、このワッペンには、DA KIKSTE WA,IS WAT? とも書いてあります。
現地の人に聞けば良かったのですが、標準語に直すとどうなるのかがわかりません。
意味不明のまま(^^; アルバムの「John.F.Kennedy Platz」の表示の写真の横に貼っています。さすがに「Johann」とは表記していませんでしたね(^ー^) つとむさん、こんにちは。
ベルリンの地下鉄に「スリに注意」ですか〜!私は間違った日本語で「ようこそ」と書かかれた看板を見たことがありました。一応ひらがななんですが、形が微妙で・・・でも、海外の思わぬところで日本語に遭遇すると嬉しいですよね^^

ちなみに、夫によると「DA KIKSTE WA,IS WAT?」は、「何で私を見ているのよ?」的な意味になるらしいです。普通に言えば、まったく違うつづりでWas guckst du so? Is' was? となるんじゃないかと隣で言っております。(間違っていたらゴメンナサイ!)

方言って本当に奥が深いですね!日本でもそうですが、同じドイツ人同士でも聞いてもわからないものがあったり。。。 Lalaさま、Lalaさまのだんなさま
ありがとうございます((○| ̄|_

長年の疑問が氷解いたしました。
ものすご〜〜〜くうれしいです!!

つとむさんへ
お役にたてて光栄です!^^
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。