ラザニアがそのまま箱に?!気にしないドイツ人

blog24.jpg
日本では絶対あり得ないことといえば、コレ!
そのまま生のラザニアが箱に入ってるんです。。。あせあせ(飛び散る汗)
(上の写真は、買ってすぐに開けてみた時の様子です)
普通なら、箱の中に内側をカバーする袋みたいなものが入ってますよね?
でも、ドイツで売ってる食品はこういうのがザラです。

ラザニアは茹でるからいいと思ったのか何なのか・・・。
いくらコストを下げるためとはいえ、いきなり食品が内袋なしで外箱に入っているっていうのは抵抗ありますね。。。

ドイツ人って本当にこういう面は気にしないんですよね・・・。

初めて見た時はすごい衝撃で食べるかどうか迷ってしまったけれど、今は私も慣れました。。。
とはいえ、やっぱりなんとなく気にはなりますけど。ふらふら

[ 2008年10月03日 ]

トップ > ドイツの不思議 > ラザニアがそのまま箱に?!気にしないドイツ人

この記事へのコメント
わたしもドイツ在住ですが、プラスチックによる過剰包装が普通な日本と違って、エコでいいんじゃないか、と思いませんか?
プラスチックに包まれているのか、紙箱に入っているのか、どちらが健康的かと言われたら、どっちもどっちですよね。だったら、少なくとも無駄なゴミを出さない、外箱オンリーのものをセレクトします。
コストを下げるためだけではないと思います。 しばらくコメントに気づかずにおりました。遅くなってしまってすみません。

ドイツでは過剰包装はないですね。
おっしゃる通り、どっちもどっちだと思います。
私は個人的に紙箱の中に直接というのはちょっと苦手だったもので……。
でも考え方は色々ですね!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。