機内食シリーズ2〜SAS航空〜

blog35.jpg
↑「スカンジナビア航空」の機内食。↑

機内食シリーズの第二弾である今日は、「スカンジナビア航空」の機内食情報をお届けします!

スカンジナビアって何よ?っていう人のために・・・
まず、スカンジナビア航空はスウェーデン、デンマーク、ノルウェーが共同運航している航空会社なんです。
つまり、北欧の3国が集まってできた会社ってことです。

スカンジナビア航空の通称はSASなので、ここではSASと呼ぶことにしますね。
SASの機内食は、う〜ん・・・まぁまぁでした。
チキンの照り焼きとご飯、ニンジンの煮物(?)、ツナのサラダ(のようなもの)、デザートでした。
チキンの照り焼きはけっこうおいしかったけれど、味が濃いので入ってるご飯では足りないような気が。。。
あと、ツナのサラダ風がちょっとマヨネーズの海になっていたので、くどかったなぁ。

「おぇ」っとなりやすいマヨネーズが多いので、乗り物に酔いやすい人にはあんまりおすすめできない機内食かなーというのが正直な感想です。

[ 2008年10月09日 ]

トップ > 機内食シリーズ > 機内食シリーズ2〜SAS航空〜

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。