ドイツ人仕様の家と小さな日本人

blog48.jpg
私は背が小さいので、ドイツのアパートでは少し苦労しました。。。

↑の写真は、ボンに引っ越してくる前に住んでいたアパートのバスルームです。
私は身長が156cm弱くらいですが、普通に鏡の前に立っても顔の半分しか見えないんです・・・!
うちの夫(185cm)がこの鏡の前に立つと余裕で肩〜胸まで見えますが。。。

・・・というわけで、私は歯を磨く時も口の中を鏡に映せなかったので、小さな手鏡をいつも持ち歩いていました。
ちょっと不便でしたよ〜〜。

でも、アパートがドイツ人仕様だから仕方ないですね・・・。
ドイツって女性もかなり大きめの人が多いので、小さい人のことは最初から頭にないみたいですよ。
標準サイズが女性でも170cmくらいだし、男性なら180cmは超えてる人が多いし。。。

そうそう、便座もドイツは高いんですよ。
足が長い人用に作られてる感じです・・・。

[ 2008年10月19日 ]

トップ > ドイツで家探し > ドイツ人仕様の家と小さな日本人

この記事へのコメント
こんにちは〜。
海外の便座は高いですよね。
しばらくブルガリアにいて日本に帰ってきたとき
便座に腰かけようとすると、低くて変なかんじがします。
ブルガリア人はそんなに背が高くないので鏡の位置で
困ることはありませんが…
itsukoさん、ご訪問&コメントありがとうございます!
ブルガリアの便座も高いんですね〜。
日本の便座に座り慣れていないと、「あれ??」って思っちゃいますよね。
私も成田空港でよく感じていました・・・(笑)
ブルガリアは小柄な方が多いのですか〜。それだと家の仕様が日本人にも合ってて良さそうですね^^
ドイツではたいていどこでも鏡の位置が合わずに困りました。。。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。