ドイツに住む外国人は貧乏人が多い?!

トルコ人をはじめとして、ドイツにはたくさんの外国人が住んでいます。
ドイツ国内で一番多い外国人はトルコ人ですが、インド人やロシア人、欧州人(スペイン人やイタリア人、オランダ人など)、中国人や韓国人、もちろん日本人もけっこう住んでいます。
最近はアフリカから来た人たちもけっこう増えているみたいです。

blog81.jpg
そんな人たちがよく住んでいる住居は、こんな↑感じのマンションが多いです。
いわゆる安くて古い地味なマンションです。
ドイツ人のお金持ちや外国人でもお金持ちの人たち(駐在員や社会的地位の高い人など)は、一軒家を買ったり借りたりしていることが多いみたいですが、貧しいトルコ人やロシア人、中国人などはグレーの集合住宅に住んでいることが多いです。

私の家から20分ほど歩いた場所に外国人居住地のような所があったのですが、身なりや暮らしぶりは質素そうでした。
私たち夫婦も貧乏暮らしだったので同じようなつくりのアパートに住んでいましたが、周りは外国人か独身の若いドイツ人、シングルマザー、失業者などが多かったです。
やっぱり外国でお金を稼いで暮らしていくっていうのは並大抵の努力じゃできないんですよね。
最近、外国人が外国で暮らしていくことの大変さを、日本在住の夫(ドイツ人)の姿を見て感じるのでした・・・。

[ 2008年11月08日 ]

トップ > ドイツの中の外国人 > ドイツに住む外国人は貧乏人が多い?!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。