部下が先に定時帰りが当たり前?のドイツ人

blog85.jpg
ドイツでは、日本のサラリーマンのような「仕事第一」とか「仕事優先」なんて言葉は流行りません。
どちらかといえば、「家庭第一」とか「プライべート優先」って言葉の方がしっくりひらめき来ます。

まず、ドイツに残業はほとんど存在しません。
上司が残っていたら部下も一緒に…なんてこともあり得ません。

ほとんどの会社では残業禁止ということになっているので、下手にだらだら残っていると「家に早く帰ってくれ」と逆に上司から説教を食らってしまいます。目

我が家の夫が勤めていた会社も例外なく、5時になると全員がサーっと退出していました。
しかも、誰が先に会社を出るのか競うように、4時55分くらいになるとみんな後片付けをし始めるんですよ!

日本の文化と比べるとすごく驚いてしまいますね〜exclamation
でも、こういう面は本当に整備されてていいなぁと思いますぴかぴか(新しい)

[ 2008年11月10日 ]

トップ > ドイツ人と仕事 > 部下が先に定時帰りが当たり前?のドイツ人

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。