なぜ中国人と決めつける?パートU

blog99.jpg
ドイツでは、アジア人の存在ってまだまだマイノリティーです。
少数派なので、パッと見て勝手に人種を判断されることもよくあります。

数か月前に、デュッセルドルフの日本食料品店に行きました。

久々の日本食の買い出しにルンルンで買い物を済ませたところ・・・
レジで中国人風の店員さんに、なぜか「あなたは中国人?それとも韓国人?」とドイツ語で聞かれました。

その二択はいったい・・・???目
日本食料品店に買い物に来ていて、なぜ中国人か韓国人なの??
う〜ん・・・・。
相手は何をもってこの2つを選択したのか・・・?

私は自分では日本人顔だと思っています。

でも・・・
ドイツ人からは何度となく間違えられ、中国人からも間違えられ・・・最後には日本人からも中国人だと思われていたこともありました。

まぁ、私はいいんですけどね。
あんまり気にしないし、同じアジア人だから別に外見が中国人でも韓国人でも良いのです。

でも、店員さんがあんな風にダイレクトに聞くっていうのはちょっとねぇ・・・。たらーっ(汗)
なんだかとっても驚いてしまいました。がく〜(落胆した顔)

[ 2008年11月17日 ]

トップ > ドイツの中の外国人 > なぜ中国人と決めつける?パートU

この記事へのコメント
Lalaさん こんにちは

私も、シチリア島で地元?の中学生らしき子供たちに囲まれ「チネーゼ?」と繰り返し聞かれるので、面倒くさくなって「シ、シ」と答えた記憶があります(^^;
ウィーンのチェコ大使館でビザ申請したときには一緒に並んで待っていた中国の人と「筆談」で結構「盛り上がり」マシタ(笑) つとむさん、こんにちは!
つとむさんもシチリア島で同じような経験をされていたのですね〜。わかります、もう繰り返しニーハオって言われて相手が止まらない時は、「ニーハオ」って言っちゃいくなりますよね。笑 とくに子供の場合はそれで満足して去って行ってくれますし。。。^^;
中国人との会話は筆談でもできて便利ですよね!そういう意味で漢字ってすごいです。ちゃんとコミュニケーションがとれちゃうんですもんね。
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。