かわいいドイツ語の言葉、「飴」

blog169.jpg
夫のお気に入りは、もともと東ドイツで生産されていたこののど飴。
風邪のひき始めとか、ちょっと喉がイガイガしてきた時などに舐めるとてきめんに効くらしい・・・。

私にはちょっとミントが強すぎるんですが、在独の日本人の友人は「これ、おいしいから好き!」と言っていました。
スッとするミントが好きな人にはハマる味のようですが、チョコミントが苦手な私には辛過ぎました。あせあせ(飛び散る汗)

ところで、飴ってドイツ語で「ボンボン」って言うんですよ。
最初聞いた時はあまりの可愛らしさに、赤ちゃん用語?と思ったぐらい。
ボンボンってキャンディーより可愛らしい感じがしますハートたち(複数ハート)

ドイツ語って一般的には堅い言葉ばっかりだけど、なかには可愛い言葉もたま〜にあるんですよね。
赤ちゃん言葉でお尻を指す「ポ」なんていうのも可愛くないですか?わーい(嬉しい顔)

[ 2008年12月26日 ]

トップ > ドイツ語 > かわいいドイツ語の言葉、「飴」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。