ドイツのラップはレンジ非対応?!対応品は高級品…?

レンジにはラップが必須ですよね?
ご飯を温め直す時、昨晩のおかずの残りを温める時…などなど私は毎日のようにラップを使っています。

ドイツに初上陸した時のことです。。。
いつものようにラップをかけてご飯をレンジに入れたんです。
そしたら、、、ラップが溶けました。もちろん全部ではないですが、一部が溶けていたんです!!

ビックリして慌てて夫にドイツ語の説明書きを読んでもらいました。
でも、そこには、別に「レンジ禁止」とかそういう文字が一言も書いていなかったんです。

そこでスーパーに行って色々なラップを見て研究してみることに…。
研究の結果は、
◎レンジ対応のラップにはそう明記してある
◎レンジ非対応のラップには何も書いてない

↓上が非対応ラップ(1ユーロ以下で買える)下が対応ラップ(2ユーロ近く)
blog187.jpg
ドイツ人にとってラップ=冷蔵庫に入れる時にかけるものらしいので、別にレンジ対応かどうかは全く問題ではないようです。
だからレンジ対応ラップは“特別”という感じで、値段も2倍近くするというわけ。

ただ、性能的には日本のラップが切れ味もよくて一番なので、もしあなたが「レンジにはラップ派」なら家族やお友達から送ってもらうと良いですよ〜(軽いので送料も安いですしるんるん

[ 2009年01月22日 ]

トップ > ドイツの物価と生活費 > ドイツのラップはレンジ非対応?!対応品は高級品…?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。