ドイツで果物パックを買ってみた〜そのお値段は?

ドイツのスーパーにも一応“見切り品コーナー”というものが存在します。

でも、日本のように賞味期限が切れる数日前から安くするのではなく、その日に切れるものが普通に売られていたりします。
(なかには既に切れているものが入っていることもります・・・)

値段だけにまどわされずに、よ〜く中身を見て買うことが大切です目

ある日、スーパーの見切り品コーナーで↓を発見!
blog194.jpg

パパイヤとマンゴーのパック売りです。
普段は2ユーロ近くするものがなんと99セント!
普段は手が届かないけれど、「どうせ買ってすぐ食べるし・・」と思って会計へ。
(ちなみに、賞味期限は当日)

食べてみると・・・2ユーロの価値なんてあるの!?ってぐらい少量。
夫婦二人で食べたらものの3分で終了。。。

あ〜あ、やっぱりパック売りは楽だけど、買うと割高なのですね・・・ふらふら

[ 2009年01月28日 ]

トップ > ドイツの物価と生活費 > ドイツで果物パックを買ってみた〜そのお値段は?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。