よく吟味しないと損をする?!ドイツの野菜事情

blog309.jpg
標準的なドイツのレタス↑
すごく古いんです、ドイツの野菜って。

いや、正確には新しい野菜も売っていますよ。
でも・・・古くてしなびた野菜の確率が高いんです。
そういう野菜も平気で売っています。

皆さん、ドイツのスーパーは要注意です!!

ある日、「レタス 60セント」のチラシに惹かれてあるスーパーに行ったんです。
でも目の前に積まれたレタスは全部赤茶色・・・。
古くなったレタスって葉っぱがだんだん赤茶色になってきますよね?
売られているすべてのレタスがあんな色だったんです。

こういう現象はレタスだけではなくいろんな野菜に見られます。

ドイツで生鮮食品や野菜を買う時は、市場で買うのが一番なんでしょうけど、なかなか毎日市場には行けないものですよね?
そんな時は、やっぱり自分の目でしっかり吟味して良さそうな野菜を見極めなくてはなりませんexclamation×2

誰も責任を取ってくれない国ドイツでは、自分が強く賢くなるしかないのです〜!

[ 2009年04月21日 ]

トップ > ドイツ人の国民性 > よく吟味しないと損をする?!ドイツの野菜事情

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。