いつまでも明るい夏、暗過ぎる冬

blog331.jpg

ドイツの夏はと〜っても一日が長いんです。

だから、なんとなく夏はお得な気分で一日を過ごせます。
夜9時を過ぎてもまだ明るいから、寝る時間もどんどん遅くなってしまいます。たらーっ(汗)(もともと夜型人間です)

でも、その反動で冬はすごく一日が短いんです。
午後3時には暗くなり始めて、4時にはもう真っ暗。

日本と比べるとちょっと極端かなぁ・・・とは思いますが、仕方ないですね。

ドイツには冬だけ鬱になる人が多いようですが、なんとなくわかる気がします。
一日の半分以上が夜だとどうしても気が滅入りますね。。。。

やっぱり人間には太陽晴れが必要なんです!

今はドイツも一日が長いので、旅行に行くなら夏シーズンがいいと思いますよ〜かわいい

[ 2009年05月14日 ]

トップ > ドイツでの日常生活 > いつまでも明るい夏、暗過ぎる冬

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。