壁紙がない廃墟アパート、ドイツでは普通なの?!

blog335.jpg

↑これ、何だと思います?

答えは・・・
ドイツで住んでいたアパートの壁です。。。

うぅぅぅ・・・汚い。
我ながら汚くて写真を見て絶句です。たらーっ(汗)

ドイツでは住む場所にもよりますが、基本的に入居時に壁紙はありません。
グレーや緑、黄色っぽい壁を見ていると、まるで廃墟にいるような気分になりますよ。

ドイツでは退去時に壁紙をはがすのが普通らしいのですが、なんだか勿体ないですよね?
私が次の入居者なら絶対に貼ったままで退去して欲しいです・・・。

だって壁紙を貼るのってかなり大変な作業だから、気がつくと壁紙のない廃墟暮らしが長引いてしまうんですよね。。。

ちなみに、ボンの前に住んでいたシュトゥットガルド周辺では壁紙は最初から貼ってありました。

実際には、同じドイツでも地域によってかなり差があるみたいです。
でも差があるって言ってもやっぱり住むなら壁紙付きですよね?

[ 2009年05月18日 ]

トップ > ドイツで家探し > 壁紙がない廃墟アパート、ドイツでは普通なの?!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。