日本の歯医者体験記2〜旧式の虫歯チェック

※ドイツ人夫の日記です。

昨日の記事の続きで、今日も日本の歯医者さん体験記を書いていきます。

今日は、虫歯チェックで驚いたことをひとつ・・・。

歯医者さんが僕の椅子の所にやってきて、「おはようございまーす。虫歯チェックしますね。」と言って、椅子を倒しました。

それで、小さい鏡を手に持ちながら口の中全体をチェックし始めたわけです。

でも、一向にレントゲンを撮ろうとしないんですよね。

それで不思議に思って、一緒にいた妻に「レントゲンは撮らないの?」と聞きました。

妻は、「私の時も撮らなかったよ。目で見るだけでわかるんじゃない」と言ったのですが・・・・。

僕にはちょっと理解不能ぎみでした。

だって、ドイツの歯医者では、定期健診といえばレントゲンチェックがだいたい含まれているんですよ。
(もちろん、ドイツでも歯医者の方針で変わるのかもしれませんがね)

それで、歯の奥にある虫歯とか小さい虫歯もレントゲンで一発判明ってわけです。

あとね、患者が本当に虫歯があるのかを歯医者さんと一緒にチェックできるのもレントゲンの良いところだと思いますね。
勝手に歯を削られるのはなんとなく嫌ですし。。。

やっぱり歯医者さんには証拠も見せてほしいですよ。笑

僕ってただ単に疑り深いんですかねー?あせあせ(飛び散る汗)

追記:あとから妻に「レントゲンを浴び過ぎると体に良くない」と聞きました。僕もそれには同意です。ただ、レントゲンがないと本当に不安になってしまうのもドイツ人の性(さが)なのかもしれませんねぇ・・・。

[ 2009年06月05日 ]

トップ > ドイツ人夫のひとりごと > 日本の歯医者体験記2〜旧式の虫歯チェック

この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
QLv2gP2a
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。