日本の歯医者体験記3〜先生が左右に巡回?!

※ドイツ人夫の日記です。

第1回目第2回目に引き続き、今回も歯医者さん特集です。

虫歯チェックも終わり、先生から次のコメントを待っていたその時・・・先生は、いきなり席を立ってどこかへ消えちゃったんです。

何かを取りにいったのかと思って待っていたのですが、先生はなかなか僕のところへ戻って来てくれません。

えー、こんな所で待たされるの?!なんか嫌だなぁと思っていたら、予感が的中したようで、隣のブースから先生の声が響いてきました。

そして、隣の患者さんを10秒ほどチェックし、その次はそのまた奥の患者さんの元へ移っていきました。

その後、15分ほど放置された僕の元に先生は戻ってきたわけですが。

ちなみに、ドイツでは「待ち時間」というのは基本的にありません。

まず、名前が呼ばれて個室に通されます。
そこでは、歯医者と衛生士(助手かも)がペアで待機していて、そのまま治療が始まるので個室の中では待ち時間はないのです。

日本の歯医者を見ていると、どうも医療機関には思えなくて・・・なんとなく美容室とか何かの相談機関を思い出してしまいます。

ブースがあって、担当者が行ったり来たりして・・・とハローワークみたいな光景を歯医者で見るのは初めてだったので、なかなか面白い体験でした。

次回は、お会計について書いていきま〜す。
お楽しみに!チュースわーい(嬉しい顔)

[ 2009年06月06日 ]

トップ > ドイツ人夫のひとりごと > 日本の歯医者体験記3〜先生が左右に巡回?!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。