1か月遅れのクリスマスデコレーション〜イギリス・ノッティンガム滞在記1

イギリス中部にあるノッティンガムに、一人旅の延長として1ヶ月間滞在していた頃――
その時は学校に行っていたわけでなく、仕事をしていたわけでもなかったので、スーパーやモールによく通っていました。

イギリスだけじゃないんですが、やっぱりヨーロッパってのんびり屋さんっていうかセカセカしてないんですよね。

その証拠に・・・1月なのにまだクリスマスのデコレーションがあちこちにありました。

blog359.jpg

超ビッグなクリスマスツリーがモール中央にそびえ立っていましたexclamation×2

blog360.jpg
キリスト教圏のクリスマスはやっぱりすごいですね。
気合いが入っているせいか、妙な迫力があります。

それに、日本みたいにクリスマスが終わったらすぐお正月とかそういう目まぐるしい感じじゃないところも、ヨーロッパらしくて・・・のんびりしていていいなぁなんて思いました。

クリスマスの余韻が残る1月。
デコレーションをクリスマス後に見ても虚しさをぜんぜん感じさせないところが、私はイギリス(やヨーロッパ)の魅力かなと思います。

[ 2009年06月13日 ]

トップ > ヨーロッパ旅行 > 1か月遅れのクリスマスデコレーション〜イギリス・ノッティンガム滞在記1

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。