バス停で出会った親切な人たち〜イギリス・ノッティンガム滞在記3

blog366.jpg

突然ですが、私・・・イギリス英語の発音が苦手なんです。

「それなのになんでイギリスに1か月もいたの?!」とよく聞かれますが、なぜなんでしょう??
とりあえず、人生勉強のためでした。

実際、イギリスで学んだことは数知れず・・・
「可愛い子には旅をさせよ」というのは本当で、精神的にも強くなった気がします。

そうそう、それで今日は何が言いたいかというと。。。

「旅先で親切な人に出会った時のありがたさ」についてです。

ノッティンガムでまず困ったのがバスの乗り方。

路線は多いし、日本のバスみたいな車内放送はないし・・・で非常に迷ってしまったわけです。

一人では不安だったので、いつも近くにいる人をつかまえて「このバス、○○へ行きますか?」と聞いていたのです。

そうすると、ありがたいことにだいたい100発100中、丁寧に教えてくれるんですね。
それも外国人だとわかるとジェスチャー付きで。

これほどありがたいことはありませんでした。
ロンドンではあまりなかった親切さに触れると、やっぱり地方都市はいいなぁなんて思ってしまいます。ぴかぴか(新しい)

[ 2009年06月19日 ]

トップ > ヨーロッパ旅行 > バス停で出会った親切な人たち〜イギリス・ノッティンガム滞在記3

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。