余計なものがない代わりに迷子です〜イギリス・ノッティンガム滞在記5

ドイツよりもイギリスの方が困ること・・・
それは、帰り道がわからなくなることでした。

普段の私は、「言葉も通じるし、ドイツよりイギリスの方がいいわ〜」なんて思うタイプですが、道に関して言えばドイツよりもイギリスの方がかなり困ってしまうんです。

その主な理由は、イギリスの建物の色。

オール茶色なんですよ。

もちろん、茶色じゃない建物だってあります。

でも・・・・
↓見てください!!!!

blog371.jpg

私はいつもイギリスの住宅街で迷子になってしまうんです。

ホームステイ先の家も茶色でした。

間違えて違う家のベルを押しそうになったこともありましたし、何度も道順を覚えようとしたのに結局迷ってしまうこともありました。

多少は色がないとだめですね・・・迷いすぎます。

でも、景観を維持するためにはやっぱり色は茶色に合わせた方がいいのかもしれませんが。。。。

それにしても、何度も懲りずに迷子になってしまう私はイギリスには住めなさそうですねぇ・・・。たらーっ(汗)

[ 2009年06月23日 ]

トップ > ヨーロッパ旅行 > 余計なものがない代わりに迷子です〜イギリス・ノッティンガム滞在記5

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。