ドイツ人は花束に弱い?

blog391.jpg

ドイツ人は基本的に「自然」なものが好き。
(ここで自然なものと言えば、花や木、木の実など)

プレゼントでもよく花束をいただくし、逆に花束をもっていくとすごく喜ばれます。

帰りのラッシュの時間、電車で花束を持った男性に遭遇することもしばしば。日本と比べると10倍ぐらい多いような気がします。

ドイツでは花を買うことは恥ずかしいことではないので、花屋さんは特別な存在ではありません。
道端で花を売っている人がいて、そこで花を買っている人の姿を目撃することも多いです。

そしてドイツ人のお宅へお邪魔すると、だいたいの家で花瓶に花がささっています。

花がある生活ってなんだか素敵ですね。
私は花より食べ物に走ってしまうタイプなのですが・・・笑 でも、花を飾るもの大好きでするんるん

[ 2009年10月09日 ]

トップ > ドイツ人の国民性 > ドイツ人は花束に弱い?

この記事へのコメント
Lalaさん、こんにちは

フランクフルト空港から電車で中央駅に着いたとき、駅で大きな花屋さんを見て、少し驚いた記憶があります。
旅行中、シャレでブレーメンの花屋さんの写真を撮りました。ブルーメンinブレーメン~ヘ(~ー~)〜 おいおい。
ロシア人も花束が好きなようですね。(ブレジネフの時代ですが)3月8日の国際婦人デーには、(いつも苦労をかけている)奥さんに「花束」を持って帰る旦那が多い、と聞きました。通訳の女性は「1年に1回です」と強調していました・・・。 つとむさん、こんにちは。

ブルーメンinブレーメン!!笑 面白いシャレですね!!つづりも音も似ているのでちょうど良いですね〜。

ロシア人も花束が好きなのですね。そういえば、北米やほかのヨーロッパ諸国でも花束好きだというのは聞いたことがあります。
日本でももっと価格を下げたら花を買う人が増えるかもしれませんね・・・。
あ、でも私は「花より団子」なのでケーキを買ってきてくれる方が喜びます。笑
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。