チョコレートをあげるのは珍しい?〜ドイツのバレンタイン事情

もうすぐバレンタインデーがやってきますかわいい

日本でバレンタインといえば・・・やっぱりチョコレートですね!

手作りのチョコレートケーキとかトリュフを用意して意中のお相手に渡そうと計画を立てている人も少なくないのでは?

私も日本に来てからは、まわりの雰囲気に押されて夫にチョコレートをあげるかどうか迷っています。。。(ドイツにいた頃は、チョコレートをあげたことはなかったんです)


でも、ドイツではチョコレートがバレンタインデーの主役にはなりません。
プレゼントにチョコレートを選ぶ人ももちろんいますが、それはあくまでも“選択肢のうちの一つ”なのです。

ドイツでバレンタインデーに圧倒的に多く売れるのは、花束。
とくに薔薇の花束はよく売れるようで、当日はよく男性が花束を抱えて家路につく様子を目にしたものです。

バレンタインデーといえば、レストランもよく賑わっています。夫婦や恋人同士でちょっとリッチなお食事をしている姿を見ると、プレゼントだけじゃなくてこうして二人で一緒の時間を共有することも素敵だなぁなんて思えます。

子どもはベビーシッターか実家の親にでも預けて、夫婦だけでデートをしてしまう大胆さもドイツらしくていいですよねムード

「パパ」「ママ」と普段は呼び合っている方も、この日だけは名前で呼び合っていた恋人時代を思い起こしてみてはいかがでしょう?

今年の14日は日曜日ですよ〜!
チョコレートをただあげるよりも、きっと特別な1日になるんじゃないかなって思いますハートたち(複数ハート)

[ 2010年02月03日 ]

トップ > ドイツ人の国民性 > チョコレートをあげるのは珍しい?〜ドイツのバレンタイン事情

この記事へのコメント
Lalaさん
ご無沙汰です。
(独りモン)のつとむです(笑)

なんだかんだと「義理」チョコはいただくのですが、お返しを考えるのも大変です。

で、私はモーツァルト・クーゲルンに決めいています。ちょっと高価なものを下さった方で、音楽がお好きな方にはモーツァルトの作品で私のお気に入りのCDを付けたりしています。

いまや国民行事と化したバレンタインですが、結構気を遣います・・・ つとむさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

バレンタインって本当にお返しが大変ですよね!うちの夫も生徒さんからチョコレートをいただくのですが、ホワイトデーの日にはしっちゃかめっちゃかです。笑

モーツァルト・クーゲルン、素敵ですね!!モーツァルトの作品は私も大好きです。つとむさんからのお返しなら受け取る側もとっても喜んでくれそうですね♪
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。