ドイツの離婚事情その2〜離婚率

今日はドイツの離婚事情の第2回目です。

今回のテーマは、「ドイツの離婚率」。

ドイツの離婚率は日本よりも高めだと思います。

2005年の統計では、離婚率44%のドイツ。
(事実婚の夫婦は含まれていないので、正確にはもう少し多くなると思います)
数字だけ見ても多いですね。

半数近くの夫婦が一生を添い遂げることなく、離婚という道を歩むのです。

高齢者・中年夫婦はほとんどが再婚だし、離婚経験者やシングルマザーやシングルファザーに遭遇する率もハンパな数じゃありません。
ドイツで住んでいたアパートでは、たぶん住人の半数ぐらいが上記のどれかに当てはまっていたような気がします。(まさに統計通りですが。。。汗)

ドイツは結婚に対してあまり執着する文化ではないのかもしれません。でも、親の離婚によって大きな傷を負うのは弱い立場にある子どもなのですから、そう簡単に物事を割り切ってほしくないというのも私の本音だったりします。

※ちなみに世界一離婚者が多い国はロシア、そしてアメリカの方がドイツよりも圧倒的に多いです。

[ 2010年03月03日 ]

トップ > ドイツ人の国民性 > ドイツの離婚事情その2〜離婚率

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。