ドイツが作った放射線シュミレーションマップがすごい

日本で未曾有の大地震が起きてから1ヶ月と一週間がたちました。
政府の会見や東電の会見を見ては状況を把握しようと努力しているのですが……なかなかその全容がつかめません。
今いちばん気がかりなのは、なんといっても福島原発。
放射線(放射線物質?)は目に見えないものだから、余計に恐怖感がぬぐいきれません。
福島県の子どもたちのことがとても心配です。

日本の政府は大丈夫だ、安全だと言っているけれど、やっぱり海外からの客観的な意見も知りたいと思い、ドイツのニュースをよく読むようにしています。

その中でも今リアルタイムでチェックしているサイトがドイツ気象庁のホームページです。
ここでは、「Ausbreitung Japan」というカテゴリーで放射線シュミレーションのマップを公開しています。
このマップがすごいんですよ……exclamation風向きからどの方角に放射線が飛んでいるのかを見ることができます。
しかもリアルタイムで6時間ごとに最新の情報が更新されています。
(※ただし、ドイツ気象庁の情報が100%正しいかどうかの保証はありません)

現在のマップをチェックするならこちら
もしくは、自由報道協会のホームページ(右側、真ん中より少し下)からもチェックできます。

たとえば今日だと……
blog438.jpg

ただし、日本時間ではなく世界標準時間になっているので、書いてある時間から9時間進めててください。

不安をあおるつもりは全くないのですが、自分の住んでいる地域に風向きが変わった時は乳幼児、妊婦さんを中心に外出を控えるか、マスクを着用した方が良いのかもしれません。
(……と言いつつも、私はとくに何もしていないのですが。。。汗)

[ 2011年04月18日 ]

トップ > ドイツのニュース > ドイツが作った放射線シュミレーションマップがすごい

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。