ドイツはBIO(ビオ)ブーム?

ドイツに住んでいると、「BIO」(オーガニック製品)という文字をスーパーなどで見かけることがあります。
BIOの商品の目印は、オーガニック製品認証ラベルと呼ばれる六角形で緑色のマーク。取得が厳しいことでも有名です。

化学肥料や農薬などを使っていないので、安心して食べられるのがBIOの大きなメリットですね。それに、環境への影響まで考えつくされているので、地球環境やエコに関心が高い消費者にも広く受け入れられているようです。

BIOは2001年に始まりましたが、今ではすっかり定着していますぴかぴか(新しい)

blog443.jpg

野菜や果物のBIO製品はたいていどこでも手に入ります。
肉類や卵、牛乳、ジュース、ワイン、ヨーグルト、チーズ、ハーブ、ペットフードなどにもBIO製品があります。

ちなみに、お値段は普通の商品と比べると少し高めくらいです。(格安の食品と比較すると割高です)

BIO商品が廃れないということは、それだけ国民に受け入れられているということなんでしょうねかわいい

[ 2011年06月28日 ]

トップ > ドイツの食事 > ドイツはBIO(ビオ)ブーム?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。