ファーストフード三昧になりがちな海外生活?!

ドイツに限った事じゃないんですが、海外へ行くとなぜかファーストフードに頼ってしまう傾向がある私。
ドイツでも同じように、暮らし始めて3カ月くらいは料理(自炊)はほとんどせずに、ひたすら安めのファーストフードや冷凍食品を買いあさっていました。

健康自慢だった私もさすがに体調を崩し、腸炎のような症状が出てしまい・・・2日に1日は腹痛との闘いでした。
身体は正直です・・・栄養のあるしっかりした食事がやっぱり生活の基本。。。
とはいえ、ドイツの美味しいファーストフードから抜け出すのって案外難しいんですexclamation×2
(ほどほどに食べるのが一番なんですが、私は“ハマる”とそれだけ食べるクセがあり・・・たらーっ(汗)

blog445.jpg

ドイツには、マクドナルドやバーガーキング、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット(レストラン風になっている店舗も)、サブウェイなどがあります。
日本のファーストフード店の数よりは少ないと思いますが、駅や中心街、郊外などで食べることができまするんるん

そのほかに、立ち食いのインビスという屋台のようなお店もあり・・・。
このインビスこそが、ドイツのファーストフード文化を支えているようなもの!
固めのパンに茹でソーセージ(焼きソーセージもある)を挟んでいるものや、トルコ料理であるケバブ肉をサンドイッチにしてたくさんの野菜で挟んだ「ドゥナ」、最近ではお寿司の詰め合わせセットもあります。
お寿司はドイツの味なのであまり期待はできないですけどね・・・あせあせ(飛び散る汗)

一番ハマったのは前述の「ドゥナ」と、中国系やベトナム系のインビスで出ている焼きそばのようなヌードルでしたぴかぴか(新しい)

3ユーロ前後で済むので、家計にもあまり響かなくて・・・。
でも、やっぱり同じ食べ物を食べ続けるのは身体に良くないですねふらふら

[ 2011年08月12日 ]

トップ > ドイツの食事 > ファーストフード三昧になりがちな海外生活?!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。