ドイツで仕事を探す手段や方法は?

Reiさんより貴重なご質問をいただきましたので、こちらの記事でご紹介したいと思いますかわいい

===========

(コメント欄より一部編集の上で掲載させていただきます)
Q:こんにちは!とても気になったので、コメントさせていだたきます。ドイツで仕事を探す手段や方法などを教えていただけませんでしょうか。来年から、WHを使ってドイツへ1年間行く予定です。その理由としては、職探しです。

===========

A:私なりの回答になりますが、お答えさせていただきますねひらめき

ワーキングホリデーで行かれるのですか〜^^ 楽しみですねぴかぴか(新しい)
私がドイツにいた頃は、ワーホリ中に90日間しか仕事をすることができませんでした。でも今は1年間できるように改正されたのですね!(先ほど調べましたかわいい

お仕事に関してですが、やりたい職種によって探す手段が異なってくると思います。日本人の多く住む地域(デュッセルドルフやミュンヘンなど)には、日本人コミュニティーがあるので日本食レストランや日本のパン屋さん、本屋さん、スーパーマーケットなどで働く機会を得ることができます。日本人コミュニティー関連のお仕事は、お店の張り紙を見て直接応募するか、ツテで探す(既にドイツに住んでいる日本人に聞く)方法が一般的でしょう。
また、ドイツニュースダイジェストの求人欄で探すこともできます。
ニュースダイジェストのホームページ(こちら)から、右側にある「求人」をクリックしてください。

あと、デュッセルドルフ限定ですが、デュッセルネットの求人欄で探すこともできます。
デュッセルネットのホームページから、「求人情報」を選んで探してみてください♪普通のオフィスのお仕事以外にも、ベビーシッターやナニー、家庭教師などの募集もあります。

上記のお仕事ではドイツ語能力はあまり要求されないことが多いので(要求される職種もありますが……)、語学に自信がなくても応募できると思いますわーい(嬉しい顔)

もし、本格的に現地企業でドイツ語を駆使したお仕事を希望されているのなら、現地人向けの新聞で求人広告から探す方法や、ドイツの派遣会社や人材紹介系の会社に登録する方法もあります。あとは、働きたいお店やオフィスに出向いて求人があるか聞いたり、電話をかけて聞いてみる方法も有効です。
一般的にドイツで仕事を探している人は、AA(Agentur für Arbeit)と呼ばれる公共職業
安定所へ行きます。ワーキングホリデーの場合はわかりませんが、もしかしたら相談に乗ってくれるかもしれません。一度行ってみる価値はあると思いまするんるん(もしダメだったらごめんなさい)
通常、問い合わせの電話(又はメール)はドイツ語(英語でもOKの場合もありますが、ほぼドイツ語です)でおこないます。
そして、提出する履歴書関連の書類も普通はドイツ語で作成します。念のために、提出前にドイツ語ネイティブにチェックしてもらうと安心です^^

[ 2011年09月18日 ]

トップ > ドイツ生活Q&A > ドイツで仕事を探す手段や方法は?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。