ロングセラーのコミック『Mosaik(モザイク)』

うちのドイツ人夫が大好きなコミック『Mosaik(モザイク)』。
このコミックは東ドイツ生まれで、長年のロングセラーなんです。
なんと1955年からずっと続いているんですよ〜。

blog448.jpg

『Mosaik』の生みの親はハネス・ヘーゲン氏。
我が家のドイツ人夫が尊敬してやまない人物です。
それも代々受け継がれていて、義父も子どものころから愛読していたそうです。
内容は、世界各地を周っていく冒険物語。日本が舞台の場面もありました。
ヒーローたちが子どもでしかもイタズラっ子なので、所々でクスっと笑ってしまうんです。
ドイツ語の練習にもうってつけですグッド(上向き矢印)

日本でそこまで古い漫画っていうと……長谷川町子氏の『サザエさん』でしょうかね。
連載開始は1946年だそうですよ。

長く続いている作品って本当に魅力的なものが多いです。

私はこのほかに『ドラえもん』とか『ちびまるこちゃん』も大好きです。今でもたまにアニメ放送を見ると、自分が小学校だった頃を鮮明に思い出すんです。
懐メロもそうだけど、何かがきっかけになって昔の思い出に帰れるのっていいですねいい気分(温泉)

[ 2011年10月29日 ]

トップ > ドイツでの日常生活 > ロングセラーのコミック『Mosaik(モザイク)』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。