春の訪れと居眠り羊〜デュッセルドルフ

すっかり春めいてきましたねかわいい
こちら関東も今日はぽかぽかの陽気でした。
やっとエアコンの暖房ボタンを押さなくて済むかな……と思いきや、夜はまだ冷えますけどねあせあせ(飛び散る汗)

ドイツからも嬉しい春のニュースが届きました!
AFP通信のウェブニュースによると、「春が到来したドイツ西部デュッセルドルフ(Duesseldorf)で27日、好天に恵まれて最高気温は摂氏19度まで上がり、地域に流れるライン川(River Rhine)のほとりの牧草地では子ヒツジが気持ちよさそうに昼寝する姿が見られた」そうですわーい(嬉しい顔)



すごく可愛いですね〜。
私は個人的に羊といえばイギリスの田舎(コッツウォルズとか)っていうイメージがあったんですが、ドイツも羊が似合いますね。
ヨーロッパはチーズやバターなどの乳製品が日常生活と密着しているせいか、酪農も盛んです。日本で言えば北海道のようなイメージですね。

デュッセルドルフはドイツの中でも日本人の多い街ですし、旅行で訪れる方も少なくありません。
春ののどかな季節に、少し田舎の方まで足を伸ばしてみてはいかがでしょう?
きっと心が穏やかになれるような自分だけのお気に入り風景が見つかるはずでするんるん


[ 2012年03月30日 ]

トップ > ドイツのニュース > 春の訪れと居眠り羊〜デュッセルドルフ

この記事へのコメント
Lalaさま

はじめましてこんばんは。
susieと申します。
ドイツ語の言い回しについて知りたくてグーグルしていたらこちらにたどり着きました。
ドイツ人のご主人の反応が新鮮で、楽しませていただきました。
教科書のリサイクルは実際的ですね。世界中で広まって欲しいと願います。お下がりを使う子達がいる分かっていたら、本を丁寧に扱う事も学ぶでしょうから、もったいない精神だけではないですね成長するのは。


私の知っているドイツは、ビルケンシュトックとハーゲンダッツと、メルセデスベンツ、アウディ、フォルクスワーゲン、メルケル首相(笑)エコの先進国である事、ベルリンの壁、ナチスドイツ、ベルリンフィルのコンマスの一人MR.樫本大進
そして、イッヒ アウフヴィーダーゼェーン ダンケシェン これがほぼ全てです。

ドイツ生まれのドイツ人と、ウィーン生まれのドイツ人がいてウィーンの人もドイツ人らしいと知り驚いています。

実は、お聞きしたいのにぴったりな記事があったのですが、古い記事にコメントして気づいていただけるかな?と思ってこちらに書いています。

実はいくつか教えていただきたいフレーズがあるのですが、厚かましくもお聞きしてもいいでしょうか?
ドイツ語はさっぱりなのですが、親切にしていただいた方に少しでも感謝が伝わるように母語で伝えたいなと思いまして。

「ありがとうございます」だけですとすぐに検索してヒットするんですが…。


「本当にありがとうございました。感謝しています。」
「私のために貴重な時間を割いてくださり感謝しています」


こんなニュアンスでお礼の言葉を伝えたいと考えています。

そして、その方は結婚されたばかりなのでお祝いの言葉も伝えたいのです。

「結婚おめでとうございます。お二人で永く続く素敵な関係を築いていってください」

こんな風に伝えたいと思います。

To make each day a better day then yesterday
↑この言葉を伝えられたらなと。
英語の丁寧な言い回しもあやふやでお恥ずかしいです。気持ちとしてはこれに+なりますように。
丁寧な言い回しで先程のお祝いの言葉の後ろにくっつけたいのですが、しつこすぎるでしょうか?


ずうずうしいお願いで恐縮ですが、教えていただけると本当に助かります。
宜しくお願いいたします。


susie susieさん、コメントありがとうございました。
またご質問もありがとうございます。
早速ドイツ語に翻訳したものを新着記事として書かせていただいたので、どうぞそちらをご覧ください☆

教科書のリサイクルは本当に良いシステムですよね。
教科書の扱いも丁寧になるし、エコにもなりますし。
落書きをする生徒もきっとあまりいないのでしょうね〜。

私はドイツ語を習う前までは、ドイツといえばビールとソーセージ、ベンツくらいしか知らなかったです。
susieさんの方がずっと詳しいですね^^
メルケル首相は一躍日本でも有名になりましたもんね!

またコメントなどお待ちしております☆


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。