ドイツに持っていって役立ったもの

前回の記事に引き続き、今日は“ドイツに持っていって役立ったもの”をご紹介したいと思います。
これからドイツへ行かれる方、特に長期で滞在を考えている方向けの内容です。
必要か否かなど、個人差はあると思いますが、ぜひお役立ていただければ嬉しいですぴかぴか(新しい)

●辞書
独日や日独の辞書を持っていくと役立ちます。
現地だと英独や独英はすぐに見つかりますが、独日や日独はほとんど見当たりません。

●筆記用具
日本のボールペン、マジックは安い割にかなり機能的です。
書き心地もいいし、ボールペンが途中で出なくなって困る……なんてことも少ないですね。
あと、筆ペンは現地で珍しがられます。ちょっとしたプレゼントにもなります☆

●文具類
私には使い慣れたものが◎でした。

●本
文庫本の方が軽いので便利です。
読み終わったら日系の書店(古本屋)で売ることができます。

●ラップ
ドイツのラップはレンジ非対応が多かったです。
レンジ対応品も少し高めのお値段で売っていますが、見分けるのが面倒なので日本から持っていきました。

●日本語環境のノートパソコン
現地のものは慣れるまで使いにくいですね……。

●耳かき
ドイツでは綿棒を使う人が多いです。耳かきは売っていません。

●爪切り
ドイツ人夫曰く、日本の爪切りはすごいらしいです。
切った爪がケースの中に収まってくれる機能が特に便利ですね〜るんるん
ドイツの爪切りは私には使いにくかったです。

●下着
特に小柄でサイズの小さな女性は見つけにくいと思います。
ドイツ人はグラマーな人が多いです。

●洋服
ドイツ人は手足が長いので、長袖の服探しは苦労しました。
ズボンの裾上げはドイツでもできるので、問題は長袖のトップスですね。。。

●マスク
風邪を引いた時、花粉がひどい時など。
ただ、外では着用しない方がいいかもしれません……かなり好奇の目で見られますたらーっ(汗)

●カイロ
寒い季節はカイロがあると便利ですね!

●スリッパ
こだわりのある方は、日本製がベターです。
とくに家の中で裸足&スリッパ派の方は、ドイツ製よりも日本製がおススメ。

●洗濯バサミのたくさんついたハンガー
洗濯の時に便利ですね〜
ドイツではあまり見かけなかったです。

●歯ブラシ
ドイツのはヘッドが大きいです。
私はしばらく子ども用を使っていました(笑)

●トイレカバー
便座が冷たいので。
我が家では貼るタイプが重宝しました。

●手帳
現地のはドイツ語がわからないと使いにくいですよね。
ただ祝日が違うので、そこだけ要注意です。

●化粧水や乳液などのお手入れグッズ
敏感肌の方は、お肌にあったものを持参していった方が無難です。

●蚊取り線香とか蚊グッズ
日本の蚊対策グッズはレベル高いです!

●カミソリ
女性で安全ガード付きのカミソリを使っている方は、ぜひ持っていくといいと思います。

●可愛いレターセット
可愛い柄のレターセットは日本のものに限る!と私は勝手に思っていますexclamation

●折り紙セット
和紙の折り紙や綺麗な柄付きの折り紙は、お土産に喜ばれます。
ドイツ人に実演をしてあげると歓声が上がることも。

●お箸とお箸置き
長期滞在には必要不可欠ですね〜。

●ご飯茶わん、お椀、小鉢、湯呑み、急須など
重いし割れやすいので絶対必要というわけではないですが、きちんとしたものを揃えたいのなら、持参して行った方がいいかなと思います。
特に、日本の湯呑みと急須は安価ではなかなか手に入りません。

デュッセルドルフのような日本人街のある地域にお住まい予定の方を除き、ある程度は準備をしていった方がドイツでも快適に暮らせますわーい(嬉しい顔)

もし、現地で「忘れた!」と思ったら、日本から送ってもらうか、デュッセルドルフに買い出しに出かけましょう手(パー)

[ 2012年10月30日 ]

トップ > ドイツ生活Q&A > ドイツに持っていって役立ったもの

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。