優しい光とキャンドルと

夜になると、窓からこぼれる優しい色の光。

blogd22.jpg

カーテンを閉めずに過ごす家が多いので、中にいる人が何をしているのかがよ〜く見えます。

パソコンに向かう人。
ソファーに寝転がってテレビを見る人。
キッチンで料理をする人。
机に向かい宿題をする子ども。

本棚に置いてある本のタイトルまで見えてしまうので、住んでいる人の趣向までわかってしまいます。笑


お月さまのような照明。
blogd21.jpg

私はオレンジ色の照明が好きです。
蛍光灯の光は白が強すぎて目が痛くなってしまうので。

キャンドルだけの夜もたまにはいいですよね!
blogd19.jpg

こんなキャンドル立てもドイツらしいなぁと思います。
blogd20.jpg

ちなみにキャンドル立てはお店でかなり安く買うことができます。
この前見たものは、3つキャンドルが置けるタイプで3ユーロ近くでした。
日本でもダイニングテーブルとかに置いたら素敵だろうなぁなんて妄想が膨らみます!

[ 2013年01月22日 ]

トップ > ドイツでの日常生活 > 優しい光とキャンドルと

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。