イタリアで食べた美味しいもの

『最後の晩餐』のあるサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会界隈で、目立たない場所にひっそりと佇んでいた忘れられないお店があります。

地元民に愛されて●●年!といった雰囲気のたたずまいに、なんだか懐かしさを覚えました。

中へ入ってみると、齢60くらいのウェイターの男性と、その奥様らしきシェフがキッチンに立っていました。

「ボンジョルノ」と挨拶をすると、「プレーゴ、プレーゴ」と席へ案内してくれました。

メニュー表はイタリア語オンリーでほぼ解読不可能だったので、知っている単語でおいしそうなものをいくつかチョイスしてみました。

それがこちらです♪
blogd127.jpg

カリカリにトーストしたパニーニの上には、オリーブオイル、レタス、ハム、チーズ。
普段はオリーブオイルを敬遠していた(匂いがあまり好きではなかったので。。。)のに、イタリアではなぜかハマってしまいました。
これぞイタリアマジック??
きっとイタリアのパンと相性がいいのかもしれませんね。

左側にあるチョコがけのクッキー。
これもすごく美味しかったです!
イギリスのショートブレットとも少し味が似ていました。

一番奥に見える小さなコーヒーカップは、エスプレッソです。
イタリアに来たら飲んでおきたい定番ですよねぴかぴか(新しい)

私、コーヒーの知識を持たずにイタリアへ来たのですが、「Caffè」はエスプレッソを指すようですね。
どのカフェやランチのお店へ行っても、「Caffè」と注文するとだいたいエスプレッソが出てきます

最初は「うわ〜濃すぎ」なんて思っていたのが、帰る頃になると「おいしい」に変化していくから不思議なものですわーい(嬉しい顔)
しかも水分が少ないから、観光中にトイレを探す手間が省けたような気が……(笑)

[ 2013年04月18日 ]

トップ > ひとりごと > イタリアで食べた美味しいもの

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。