日本(東京)は家の中が寒すぎる!

※以下、ドイツ人夫の日記です。

最近、寒いんです。
外の寒さは平気なんですけど、家の中が寒いのはかなり辛いです……

今朝起きて、あまりの寒さに室温を計ってみたら、一桁。
なんと、8℃だったんですよ!!

これは寒い……寒すぎる!!

僕の場合、外が寒い時は着込むか早歩きをして体を温めます。
だからあまり寒さが辛いとは感じないんです。
それに冬に外が寒いのは当たり前だから。

けれど、家の中が寒いっていうのがこんなにキツイとは……。
日本に来るまで”家の中の寒さ”を経験したことがなかったので、まだ慣れていない今は朝起きるのが辛いです。。。(一晩中エアコンを入れるのは電気代節約のために禁止されているし。)

うちの暖房器具は、エアコン一台と電気で動くスポットヒーターが一つ。
パンを焼くトースターみたいな感じで、オレンジのヒーターパワーが凄いので、これ一台で近くにいればけっこうな暖かさです。
エアコンはダメですね。つけててもあまり暖かくならないんですよ。


ドイツの暖房は温水暖房なことが多いんですが、これが本当に暖かいんですよ!
家の中は一日中同じ温度だから、朝起きて「寒っ」なんてこともない。
暖房には目盛りがあってそこで好きな温度に調整ができるので、常に「2」とか「3」とかに設定しておくと、家を常に(だいたい)同じ温度に保てます。

あとは、日本の家はあまり寒さに強くない気がするんですよ。
窓からもスースーと冷たい風が入ってくるような気がするのは僕だけ?
ドイツと日本の賃貸マンションを比べると、断熱構造が圧倒的に違うと思いました。
東京はダメですね。窓も薄いし、壁も冷たいし

ああ、早く暖かい春が来ないかな……
けど暑すぎる夏は嫌です
永遠に春と秋だったらいいのに、なんて感じてしまう今日この頃です。

[ 2013年12月23日 ]

トップ > ドイツ人夫のひとりごと > 日本(東京)は家の中が寒すぎる!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。