初の一体感?!夫婦で応援、オリンピック

連日オリンピックで盛り上がっていますね!
我が家でもドイツ人夫と二人でTVの前で観戦するのですが、ドイツ人はドイツ人を応援するし、私は日本人を応援するし……で、なんとなく一体感に欠けていました。。。

けれど、そんな私たち夫婦にも変化が

それはフィギュアスケートシングル男子の羽生選手が出たとき。
この時ばかりはドイツ人夫も感動して、瞬きもせずに画面に見入っていました。
特にSP(ショートプログラム)での滑りは素晴らしかった!ミスなし、史上初の100点越え!!
これには二人でガッツポーズでした

夫はドイツのペーター・リーバース(Peter Liebers)選手もかなり応援していましたが、羽生選手の金メダルが決まった途端、私と一緒に諸手を挙げて大喜び

オリンピックは国境を超える。
まさにこれか〜!!と体感しました。


普段は仲良く暮らしていても、いざ日本対ドイツの試合になると、二人とも譲らなくなるんです。
日本が勝てば私一人で喜び、相手は悔しがる。
ドイツが勝てば逆の現象が起こる。
まぁ、最終的には「よかったね」なんて言ってもやっぱり心のどこかで悔しかったりして(汗)。

日本人カップルの「一緒に応援した」という話を聞くたびに「いいなぁ」なんて思っていたのですが、羽生選手のおかげで、今回は今までにない一体感を感じることができました〜

[ 2014年02月22日 ]

トップ > ひとりごと > 初の一体感?!夫婦で応援、オリンピック

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。